2017/10/27更新

LINEのサービス企画職に関するES回答例(2017卒 法政大学 社会学部)


LINEのサービス企画職に関するES回答例(2017卒 法政大学 社会学部)

LINE株式会社のサービス企画職に関するES(エントリーシート)回答例を掲載しております。皆さまの就職活動で参考になれば幸いです。

回答者:T.Aさん/男性/法政大学/社会学部

当社に入社してチャレンジしたいことを教えてください。(500字以内)

貴社では「漫画」文化の発信地を雑誌からLINEに移行させることにチャレンジしたいです。出版不況と呼ばれる中で週刊少年ジャンプなどの少年誌の発行部数も下がっている。しかし、依然として漫画家デビューする受け皿になっているのは大手の漫画雑誌という中で、貴社が取り上げた『citrus』のように大手以外からアニメ化や人気が出る漫画が増えてきた。そこで、国内最大規模のプラットフォームを持つ貴社で、大手の漫画雑誌に変わって漫画文化の中心として発信する力のある媒体にするような仕事をしたい。

現在、商業・同人と2つの市場があるが、商業の漫画雑誌はもちろん商業しかカバーできず、pixivなどのweb漫画媒体は商業デビューというところまでカバーしきれていない。そこで両方を兼ね備えているLINEマンガだからこそ、今までの媒体にないほどの巨大なマーケットにすることが出来ると考える。そのために、学生時代にフリーペーパーで企画を立てていたときに培った企画力と持ち前の行動力で、読者のニーズに合ったまだ日の目を見ない漫画家を発掘したい。そして、その先に新しい時代の漫画文化の中心地を作ることが出来ると考えます。

『挑戦する仕事』の記事をお読みいただいた上で感想を記入してください。

コミュニケーションツールだった「LINE」が「LINE@」のリリースでビジネスツールの側面を持ったという点に感銘を受けた。「LINE」というアプリは様々なサービスをリリースするごとに利用者の生活の一部となることや、利用者の生活自体をデザインすることが出来ると思いました。また、メルマガやランキングアプリなど飲食店が集客に使っていたITのサービスは、


会員登録がお済みでない方は以下よりご登録ください。無料会員になることで本記事の続き(全文)を閲覧することができます。

無料会員登録はコチラ