2020/06/24更新

アマゾンジャパン合同会社の総合職に関するES回答例(2019卒 早稲田大学 国際教養学部)


アマゾンジャパン合同会社の総合職に関するES回答例(2019卒 早稲田大学 国際教養学部)

アマゾンジャパン合同会社の総合職に関するES(エントリーシート)回答例を掲載しております。皆さまの就職活動で参考になれば幸いです。

回答者:A.Mさん/女性/早稲田大学/国際教養学部

挫折経験

高校最後の体育祭の総務パートの選挙に落ちたこと。体育祭を盛り上げたい旨を熱く語ったが、あまりやる気のなかった人に負けてしまい非常に悔しかった。受験生の夏に体育祭準備をしなければならないため、体育祭に協力的でない人たちがいるということを考えられていなかったのが原因だと考えている。小道具パートになってしまい、はじめは落ち込んだ。しかし、そのうち私に投票しなかった人たちを見返してやりたいと思うようになり、自分の仕事だけでなく、他パートの手伝いや後輩への声かけを積極的にして、総務パートの人以上に働いた。受験生の夏も毎日朝から晩まで学校で準備をした。結果的に、最も頑張っていた人として認められた。この経験から、自分の望み通りに事が進まなくても、その中で自分にできることを考え、ベストを尽くすことが大切だと学んだ。大学に入ってから、留学やサークル、課外活動を通じてより多くの人と出会い、価値観や考え方の違う人々と関わるようになった。その際に自分の役目を認識し、相手のことを尊重しながら自分のできることを精いっぱいやろうと考えるようになった。

アマゾンで成し遂げたいこと

日本が誇るコンテンツを日本全国、そして世界に、今まで以上に届けたい。マンガや本、映画、音楽といったエンターテイメントを、世の中のどんな場所にまでもお届けできるようにしたい。体が不自由で外に買い物に行けなかったり、そもそも地方にいて品物の販売店舗がなかったりして、


会員登録がお済みでない方は以下よりご登録ください。無料会員になることで本記事の続き(全文)を閲覧することができます。

無料会員登録はコチラ

無料就活相談を申し込む