2017/07/03更新

他業界を知ることで第一志望である金融業界の志望動機が明確になり内定獲得


他業界を知ることで第一志望である金融業界の志望動機が明確になり内定獲得

キャリセン就活エージェントを活用して内定獲得した学生の、内定者インタビューを掲載しております。皆さまの就職活動で参考になれば幸いです。
————-
T.Kさん/男性/埼玉大学 経済学部
内定先業種:金融業界
志望業種:金融業界
来社時期:2015年12月

就活歴

■就職サイトを活用した就活実績

説明会参加社数:30社/面接社数:5社/最終選考社数:3社/内定社数:2社
就職サイトを活用した内定獲得率(内定社数/説明会参加社数):6.6%

■キャリセン就活エージェントを活用した就活実績

説明会参加社数:5社/面接社数:3社/最終選考社数:2社/内定社数:2社
キャリセンを活用した内定獲得率(内定社数/説明会参加社数):40%

Q.どのように就職活動をしていましたか?

金融軸で就活をしていました。ただ、野球部だったため部活と就活の両立をしていて、実際に本腰を入れはじめたのは3年生の10月頃だったと思います。
そんな中、ぼーっと眺めていたリクルートサイトに、友達と気軽に登録してみたんです。それが、キャリセン就活エージェントでした。その後の説明会でエージェントの判谷さんに出会いました。

Q.就職活動中に活用していたアイテムを教えてください。

活用したアイテムは、ノートです。キャリセン就活エージェントに出会ってからつけ始めました。このようにびっしりと埋め尽くしています。
[埼玉大学生就活中活用したアイテム]

エージェントの判谷さんに面談してもらい気づいた事は、このノートに詳しく記していきました。自己分析や説明の事などをしっかり書き込み、自分の思考を整理するのにとても役立ちました。選考前に何度も見返して振り返りを行いました。今では持ち歩く事もなくなりましたが、このノートは自分の財産だと思っています。

Q.就活エージェントを通してどのように就職活動が変わりましたか?

僕は、もともと金融に絞っていましたが、エージェントの判谷さんは、「金融にしぼらず、いろいろ受けてみれば?」と言って、いくつか企業を紹介してくれました。そこで判谷さんが紹介してくれた企業にとんとん拍子で内定が決まり、当初抱いていた就職活動への焦りがなくなりました。

[他業界を知ることで第一志望である金融業界の志望動機が明確になり内定獲得-1]

そこから一気に自分の行きたかった金融の企業の選考が始まって、そこもとんとん拍子に内定を頂く事が出来ました。僕はもともと食わず嫌いをしていて、受けていなかった企業や知らない企業がたくさんあったのですが、判谷さんと出会った事で見聞を広める事ができました。金融だけに絞っていたら、視野の狭い人間になっていたかもしれません。

Q.内定承諾を決めた理由を教えて下さい。

もともと軸にしていた金融業界で、体育会系で、人に対する投資を惜しまない会社に受かった事が決め手です。今は、金融の中でも環境系のエネルギープロジェクトに携わるのが夢です。

判谷さんに出会っていなかったら、金融以外は見ることもなく、なぜ金融なのかの動機も話すことができず、もしかしたら内定先にも受かっていなかったかもしれません。金融といってもいろいろあると思うんですが、しっかりと中身をみて、その企業でやり遂げたい夢などを見つける事ができてたことで働くイメージもつきよかったと思っています。

Q.現在就活中の学生さんに一言。

就職活動は今しかできないので、どんどんいろんな業界を見ていくべきだと思います。そして、いきたい企業があるなら、その企業に行きたい気持ちを強く持つ事だと思います。その会社が好きで諦めない気持ちさえもっていれば、きっとうまくいくはずです。

また、悩みごとなどは、友人やエージェントなどに相談した方がいいと思います。一人でいるとストレスを抱えてしいますし、情報交換もできません。抱えている問題も解決する事ができません。就活の状況など恥ずかしい事もあるかもしれませんが、あらいざらい仲間と話してみましょう。自分の就活の悩みは、誰かに客観的に見てもらう事で解決する事があるかもしれません。

[埼玉大学生と就活エージェント]

T.Mさん/男性/埼玉大学
内定先業種:金融業界