2016/11/21更新

就職活動のやり方がわからなくなってしまったため就活エージェントに就職相談しメーカー業界で内定獲得


就職活動のやり方がわからなくなってしまったため就活エージェントに就職相談しメーカー業界で内定獲得

キャリセン就活エージェントを活用して内定獲得した学生の、内定者インタビューを掲載しております。皆さまの就職活動で参考になれば幸いです。
————-
S.Nさん/男性/東洋大学 経済学部
内定先業種:メーカー業界
志望業種:小売専門店
面談時期:2016年6月

就活歴

■就職サイトを活用した就活実績

説明会参加社数:15社/面接社数:3社/最終選考社数:0社/内定社数:0社
就職サイトを活用した内定獲得率(内定社数/説明会参加社数):0%

■キャリセン就活エージェントを活用した就活実績

説明会参加社数:1社/面接社数:1社/最終選考社数:1社/内定社数:1社
キャリセンを活用した内定獲得率(内定社数/説明会参加社数):100%

Q.あなたが就活で最も悩んでいた課題とは?

自分がどの業界のどんな職種に向いているのか分からず、気がつくと視野が狭くなり、行動の起こし方も選び方も分からなくなってしまっていた。

Q.就活エージェントを通してどのように就職活動が変わりましたか?

具体的に企業を紹介してもらえたことで、その企業のことを調べるなど行動を起こすきっかけとなりました。結果として、その企業に限らず業界研究・企業研究にも意欲的に取り組めるようになりました。

Q.就活エージェントを利用してよかった点を教えてください。

大手の人材紹介会社とは違い、自分の担当エージェントが決まっているので、コミュニケーションを積み重ねることで、「会話」でのサポートを受けられることが精神的に非常に助けられました。また、企業からの合否だけでなく、合否理由をフィードバックしてもらえることは、その後の面接対策にとても役立ちました。

Q.内定先を選んだ理由

元々は大手小売業を志望していましたが、社風に違和感を覚えたため、以後は働いている社員の方々との相性やフィーリングを意識するようになりました。その点では、内定を頂いた会社は大手企業よりも優れていて、自分に合っていると思いました。

Q.最後に就活生に向けてアドバイス!

私は友人からの紹介で、キャリセン就活エージェントを知りました。内定までたどり着いて感じたことは、一人での就活を続けていたら、どうなっていただろうということです。最初は迷いばかりだった就活が、エージェントの力を借りたことで、とても楽に臨めるものになりました。これは後輩にも伝えたいと思います!

[東洋大学生と就活エージェント]

S.Nさん/男性/東洋大学 経済学部
内定先業種:メーカー業界

無料就活相談を申し込む