2017/11/16更新

サッポロビールの総合職に関するES回答例(2017卒 法政大学 法学部)


サッポロビールの総合職に関するES回答例(2017卒 法政大学 法学部)

サッポロビール株式会社の総合職に関するES(エントリーシート)回答例を掲載しております。皆さまの就職活動で参考になれば幸いです。

回答者:M.Oさん/女性/法政大学/法学部

サッポロビールが「オンリーワンを積み重ね、No.1 へ」というビジョンを実現するにあたり、あなたはどのように影響を与えていきたいですか?

ユーザーファーストの考えを軸に、お客様の深層心理にあるニーズを探り、常に挑戦し続け、貴社の1位に貢献したいです。私は学生時代に取り組んだ衆議院議員の学生秘書での経験から、時代に合わせて変化し、相手のニーズに対応することが大きな目標を達成できるカギであることを強く実感しました。第47回衆院選は小選挙区選で負けてしまい、比例復活での当選でした。前回の勝利に甘んじて、地元回りを怠ったことが招いてしまった結果でした。私は次の選挙に勝つためには、政治家いえども、時代に合わせた変化が必要であると考えました。地元での認知度を上げるとともに国会だけでなく地元での貢献も必要であると考えました。そこで小学校の祭りや運動会への参加と、活動を逐一Facebookに挙げることを提案しました。また、地元の大阪では高齢化も進み、介護の在り方が問題視されつつあるので、医師でもある代議士だからこそ提供できるサービスもあると考え、介護事業への参入も提案しました。この結果Facebookでは地元の方から多くの「いいね」をいただき、介護ステーション設立に向けて準備が進んでいます。この経験から「地道に物事に取り組み、ニーズに合わせて変化していくこと」が目標達成への1番の近道であると学びました。貴社においてもより良いものを求める向上心を忘れずに挑戦し続け、地道に取組み、1位へ貢献をしたいと考えています。

大学・大学院にて興味を持って学んできたことについて記入して下さい。

私はアメリカの政治研究ゼミに所属しており、


会員登録がお済みでない方は以下よりご登録ください。無料会員になることで本記事の続き(全文)を閲覧することができます。

無料会員登録はコチラ

無料就活相談を申し込む