2016/09/16更新

博報堂プロダクツのプレミアムプロデュース職に関するES回答例


博報堂プロダクツのプレミアムプロデュース職に関するES回答例

博報堂プロダクツのプランニング職に関するES(エントリーシート)回答例を掲載しております。皆さまの就職活動で参考になれば幸いです。

回答者:Y.Kさん/男性/首都大学東京/システムデザイン学部

自分がこだわりを持っているものについて書きなさい。

私がこだわりを持っているものは文房具です。
財布・携帯と共に筆箱もどこに行くにも常に持ち歩くほど、なくてはならない存在です。そのなかでも特にこだわっているのがボールペンです。

私は左利きであることからかペン先のボールの回りが悪く、掠れてインクが紙に乗らないことがよくあり、特に0.4mm以下の細めのボールペンではそれが顕著に現れます。ペンを走らせる傾きとボールの回転が右利きと逆であることが原因だと考えられます。そこで私が探し求めた末にたどり着いたのは、ゼブラから出ている『SARASA』でした。
これはインクが大量に出るため滲みやすくそれを好まない人もいますが、左利きはどのペンを使ってもインクの出が少し悪いので、これは少し出が悪いくらいでちょうど良い量のインクが出て、またどの方向から書いてもインクが出るため掠れを気にすることなく使えます。0.38mmのものでは様々なペンを試してみましたが使用できるのはSARASAだけでした。最近では書きやすさを上げるため右利きにより特化したペンが多く出ているように感じ、これからの未来が不安です。次にシャープペンシルです。私は中学時代からずっとPILOTのREXGRIPを使っていて、それはどこでも売っている100円ほどのものです。

始めは中学の校門でチラシと共に渡されたもので特に何とも思わず使っていたのですが、使っていくうちに手になじみ今ではそれ以外は使いたくないと思うようになりました。グリップはあまり柔らかすぎず太くないもので、壊れにくい・長持ちするかという点も重視しています。また使っていくうちにこだわりは徐々に出来ていくもので、愛着も多少含まれていると感じました。文房具では自分に合った使いやすさを重視するというこだわりを持つことで、作業の効率を高めその先の目標にストレスフリーで臨むことが重要だと考えています。こだわりのものを使うことでモチベーションも上がり、今ではこれらの文房具が私の日常を支えているとも言えます。

今までに出会った思い入れのあるプレミアムグッズを教えて下さい。

リプトンのペットボトルについているストラップです。リプトンが人気パティシエとコラボしたプレミアムでそのお菓子の再現率の高さに強く惹かれました。マカロンの淵のヒダの立体感や発色の良さ、サイズも原物とほぼ同じ大きさでまるで本物のお菓子のようで、


会員登録がお済みでない方は以下よりご登録ください。無料会員になることで本記事の続き(全文)を閲覧することができます。

無料会員登録はコチラ